アスレチックトレーナーとして

今日はちょっとまじめなことを書いてみようと思う。
自分のPhilosophyやから他のアスレチックトレーナーとは違うこともあるあろうけど。
やっぱり大事なのは、最悪の事態が起こった時の処置の仕方
AEDが必要やったらその場所を把握しておくこと
大きな怪我した時のための医者のavailabilityの把握
救急車の進路。体育館の中での移動の仕方とか?
まあその辺はその体育館の人が基本的には把握しておくことかなぁ
アメリカではそういうのも体育館に地図付きで貼ってあるけど
あとはそういうことが起こりそうな選手の把握とか
それもphysicalでわかることやけども。
ほんでもって次に怪我の予防。
練習場所にany hazardがないかどうか
あと選手に水分補給するように促したり
血への対処するための道具もってたり
っていうところやろうか。
ほんでまあ何って一番大事なんはコミュニケーションをしっかり自発的に取ることかなと
イベントやったらそこの運営の人やらとのコミュニケーション
医者とのコミュニケーション。選手とのコミュニケーション。コーチとのコミュニケーション。
どの選手が今どんな状態か、痛そうにしてたら声かけてみたり、
ちっさいことに気づいてそこにどれだけ自発的に気配りできるか。
受動的に事を運ぶと後手に回ってしまうと思う
怪我人を減らす努力=自分の仕事を減らす努力になるから
無駄なことなんて一切ない

自分はまだまだ気づくことも少ないし
コミュニケーションのタイミングとかもヘタクソやし
むしろ日本語までヘタクソやけどやっぱりここは日本
気遣いとか心配りではやっぱり尊敬できるし学ぶ所が多い国
他の人がしなかったどうとかじゃなくて自分ができてるかどうか
それに集中するっていうのが今んところは目標やな
最近やっと毎週がルーティーン化されてきて

勉強する時間をとったりすることができるからすごい良い感じです
あとは効率的にことを運ぶことやな。
明日はATCの人と会う機会があるのでいろいろ学んできます!
[PR]

by osakakeru | 2011-11-02 21:34 | Athletic Training  

<< お久しぶりです 誕生日やでー >>